大雪

とボヤいた途端、ドカ雪
の続き。



大粒の雪はそのまま夜まで降り続け
久々の大雪警報発令となった。
これにより大学は
翌日の午前中休校を決定。

夜中、すぐ近くで
どーん、どどーんという音が。
窓の横の低木が2本連続で折れて倒れた。
0℃前後と気温が高いせいで
雪は枝にまとわりつくように積もった。
こういうべったりした雪は
氷雨のような重みがかかるのだろう。
大きい木の枝も必死でしなって堪えている。

電圧も時々下がって
照明がふわっとなったりしていたが
幸い停電にはならず。

北国の冬はぬるくなどありません。
すみませんでした。
[PR]

by emi_blog | 2010-02-24 16:42 |  

<< 鬱憤 オリンピック >>