ボヤ

同じアパートの裏の建物で
火事があった。



昨夜7時半ごろ、どうも騒がしいなと思って
寝室の窓から外を覗くと
赤いランプがくるくる回っていた。
でっかい消防車が数台。
木の陰になって見えないが
どうやら向かいの建物から火が出た模様。

のんびりサービスの国だけど
消防士はどうなんだろうと観察してみた。
映画なんかで見るアメリカの消火活動に
異文化を意識した記憶はなかったが
外向きのツクリモノと実物は違うことが多いからね。

うーむ。
まぁ火事がたいしたことなかったとはいえ。
やっぱりのんびりしてる。

うちの窓からちょうど消火栓が見えるのだが
消防車を消火栓につなぐのも
結構なもったり作業だった。
消火栓をひねるのも
うんとこしょ、ふー、おいしょ、ってかんじだし。

そのあと消防車から長いホースを取り出すのも
おじさんが一人で
ずるずるずる、あ、もうちょっとか、ずるずるずる。
ひととおり道路にひっぱり出してから
ホースの周りを回るようにして
ペロン、ペロンとちょっとずつ円周を広げていく。
作戦会議みたいのをしてる他の消防士も
手伝ったらいいのにねぇ。

消防士が4人ぐらい固まっているところへ
スーツのジャケットなし風の
普通の白いシャツのおじさんが混ざっていた。
熱心な野次馬かなぁと思っていたら
消火栓の後ろに停めてあった車のトランクから
おもむろに衣装を取り出して着替え始めた。
車のボディには"Battalion Chief"。
おぉぉ、あなたが大将ですか。

と、そこへ普通自動車が入ってきた。
うちのアパートの道は片側に駐車車両があっても
ギリギリすれ違える計3車線分の幅があるのだが
さすがに斜めに停まった消防車がいては通行止め。
なんでこんな時に入ってきちゃったの、と思っていたら
降りてきたおじさんはトランクから衣装を取り出し…。
消防士って私服+自家用車でも出動するんだ。

日本のは消防訓練をテレビで見ただけなので
断言はできないけど
きっともっとテキパキしてるよな。
じゃないと野次馬に野次られそうだもん。

ちなみにアメリカの野次馬たちは
犬や子どもをつれてお散歩したり
ベンチや芝生に座って談笑している。
こちらものんびりしてる。

外へ出てみるとほんのりキナ臭い。
大小約10台の消防車が来ている。

3時間ほどして消防車が帰った後
アパートのトラックが来て片づけをしていた。
今朝もメンテナンス職員総出でやっている。
大変だ。

他人事じゃないよなぁ。
気をつけよ。
[PR]

by emi_blog | 2010-04-07 00:30 | | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 無題 オンナ同士 >>