デキスギ

“出来杉くん”が珍しくなくなる日は
近いと思う。



文武両道や才色兼備は
それが稀少だったからできた言葉。
いまや有名人じゃなくても
そんな人のひとりやふたり身近にいる。

文武も才色も兼ね備え
思いやりがあって家族や友達を大事にし
勇気と行動力があって努力を惜しまず
茶目っ気があってユーモアを楽しみ
奢らず身の丈をわきまえ堂々としている
…とかいう
マンガにしか登場しなかったような人物でさえ
もう実際に生まれてきているような気がする。

特に日本の若者の中には
“出来杉くん・ちゃん”候補がゴロゴロいる。
ただ、出来過ぎることに遠慮があって
やたら弱点や欠点を前面に押し出したがる。
もったいない。

あのねぇ、キミらに足りないところがあることぐらい
言われなくてもわかってますよ。
わざわざそれをアピールしてくれなくて結構。
“豊かな時代の被害者”を演じて
悪趣味な評論家たちを喜ばせるのは止めよう。
それより「何ができるか」を見せておくれ。
「どうすごいか」を披露しておくれ。
じゃんじゃん出来過ぎちゃっていいんだよ。

さまざまな条件が揃わなければ
生まれない奇跡というものがある。
恵まれた環境で育ったからこそ持てる長所がある。
最近の“天”は二物も三物も四物も与えてくれる。
あとはそれを遺憾なく発揮するだけのこと。
簡単じゃん。

デキスギな若者が日本中にどんどん出てきて
だらしない大人は襟を正すようになるよ。
[PR]

by emi_blog | 2010-04-24 08:16 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 日本人 暗示 >>