無料モニター

英会話モニター募集』にまつわる
思ってもみなかった考えすぎなこと。



あの威圧感まるだしの“略歴”のせいなのか
「タダほど怖いものはない」ってことなのか
「何かウラがある」と怪しまれているフシがある。

お問い合わせの時点で多かったのは
研究の被験者募集だと思っている方。
「実験やるんですね」とか
「協力します」とか
「お役に立てれば」とか。
まぁそれはそれでありがたいけど。

ちなみに被験者というのは
いろいろ正式な手続が要るので
もっと正式に募集します。
同意書にサインもいただきます。
でも日本の研究はそのあたりが意外とユルイから
一般の人が勘違いするのは仕方ない。

“試験的な”ってのがまずかったのかな。
だってまだ誰もやってないことだから
こうとしか言いようがなかったんだよなぁ。
失敗するかもしれないしね。
とりあえずやってみる、"pilot"のつもりで
“モニター”という言葉にしたんだけど
“トライアル”の方がよかったのかしら。

あぁ、アンケートをお願いするからかな。
でも事前にある程度の情報は教えてもらわないと
こちらもやりにくいし
感想も聞きたいし。
うーむ。

ボランティア活動ですよーということを
チラシに書くべきだったのかな。
それもヘンだよねぇ?
無料だけどちゃんとやって後腐れなしって
そんなに珍しいことなのかなぁ。
いまどきは結構そんなサービスあるじゃない?

んじゃぁせっかくだから
修了後に壺でも売ろうかな。
ウソウソ。

まぁとにかく
おかげで今後の課題がまた見つかったということ。
こういうことが“試験的”の意義だよな。
[PR]

by emi_blog | 2010-05-04 02:56 | 趣味 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 生みの苦しみ Final >>