ワールドカップ

どの角度から見ても
サッカーは苦手。



世界でもっとも人気のあるスポーツらしいので
好きな人が多いのは当たり前。
盛り上がってくれるのは大いに結構。

でも私のように
どうにも受けつけない人がいるのも当然のこと。
あんまり騒がれるとさらにイヤになっちゃうわけで。

いや、そうはいっても
試合そのものは時々見たりするのだよ。
スポーツとしては好きでも嫌いでもない。
だけどサッカーにまつわる周辺部分というか
餃子でいうところのハネみたいなところが
どうもちょっとねぇ。
ワールドカップともなるとハネが特別大きいので
胃にもたれる。

今回の大会ではアフリカについても思うところがあるし。
日本国内に限っては
勝てないだろうという冷静な予想さえ
不吉な呪文みたいにタブー扱いされて
まるで魔女狩りでも起きそうな雰囲気が気持ち悪い。
もちろん応援する以上「勝ってほしい」と思うのはわかるけど
だからって相手の弱点を並べて
そこにわずかな希望を見出すなんて
あまりにも下劣ではないか。

後からガッカリしないために
慎重に慎重を重ねる国民性と
「勝てる勝てる」と無理やり暗示をかける様とが
同じ臆病さを見せていて痛々しい。
[PR]

by emi_blog | 2010-06-13 09:44 | 文化 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ボランティア お役所 >>