ボランティア

国際的なボランティア活動に
関わろうかどうしようか考え中。



ボランティアという活動には賛同できるんだけど
ボランティアという人や組織について
うーむ、と思ったことが何度かあるので
つい二の足を踏んでしまう。

これも餃子のハネなんだよなぁ。
餃子の味や質がよけりゃそれでいいじゃない、とも
思わないでもないのだけど。

これはCritical theoristsとも通じるところだけど
「良いことしてまっせ」って感じで来られると困っちゃうなぁ。
「良いことをしない人は悪い人」みたいな
短絡的な考え方も好きじゃないしなぁ。
「知れば賛成できるはず。反対するのは知らないから」
という論法にも不賛成だし。

良い悪いと好き嫌いが関連しない。
よく知った上で堂々と賛成しないこともある。
このあたりが私の不都合なところでね。
そういう態度で臨むと相手の気分を害する可能性もあるので
関わらないのがお互いのためじゃないかとも思う。

でも今回のお誘いは理論派のMさん経由。
組織もしっかりしていそうな様子。
なら大丈夫な気もするし
むしろ今までになかった視点を得るチャンスかもしれない、
とも思う。

ポイッと募金の良さは
ぐだぐだ言ってないで動くことにある。
それもわかる。

どうしよっかなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2010-06-14 14:45 | その他  

<< はやぶさ ワールドカップ >>