ジャーナリズムTV

夜中にあちこちチャンネルを巡っていたら
CSでおもしろい局を見つけた。



ジャーナリズムTV。
へぇ、こんなのあるんだ。

たまたま観たのは
ねじれ国会についての討論会。
2大政党の若手議員と法学部の学生と
新聞社の編集委員らが議論するのを
素直で頭の切れるある芸人がうまいこと回していた。

この番組は政治とメディアを中心テーマとして
時事のいろいろを扱っている様子。

なかなか見ごたえのある内容で満足したので
もう寝ようと思ったら次の番組が始まった。
ある俳優と女性キャスターと大学教授が
ゲストを招いて話を聞くトーク番組。
今回は元文部省の官僚が登場して
ゆとり教育について語っていた。
これは観ちゃうよなぁ。

番組の途中で流れる他の番組予告にも
ニュースをよく考える番組、
じっくり話し合う番組、
歴史や思想を深く掘り下げる番組など
おもしろそうなものがたくさんあった。
こうなるともうザッピングは打ち止め。
リモコンなんて要らない。
「つい朝までテレビを観ちゃった」なんて
超珍しいことをしてしまった。

もちろん大手新聞社が母体なので
諸々偏りがあることは明らか。
しかしそれを踏まえたうえで
お金を払ってでもこれらの番組を観たいというニーズが
視聴者側にあればそれでいい。

きちんと情報を咀嚼できる消費者を育てたいという
メディア側の要望なり責任感が表れているのかな。
テレビ離れと多チャンネル化が
こういう動きを作っているのだとしたら大歓迎だね。
[PR]

by emi_blog | 2010-07-19 02:19 | 趣味 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< パプリカ レッテル >>