Upgrade

ベッドとプリンタを新調して
部屋の模様替え。



最初に住んだキャンパスのアパートは
家具付きだったし
その後は友人Hの部屋を居抜きで受け継いだので
ありがたいことに
これまで一度もベッドを買わずにきた。
ただ、受け継いだベッドはTwin(シングル)サイズ。
大きいベッド好きの私は
両手を伸ばせるのがほしかったのだが
ずっと買い控えていた。

耐久消費財を買ってしまうと
アメリカ滞在が長くなりそうな気がして
なかなか踏み切れない。
炊飯器のときも覚悟を決めるまで
1年以上かかった。
そういえばその炊飯器も日本製のをいただいて
つい先日、世代交代したところだ。
うぅーむ。縁起が悪い?

ベッドがないわけじゃないので
贅沢をするのに気が引ける。
でも、でも、でも。
私の人生でこんなに広い寝室を持てるのは
きっとこれで最後だろうから、
良い睡眠は大事だから、
日本ではこんな値段で買えないから…と
自分をなんとか説得して
とうとうベッドを買い換えることにした。

時を同じくして
壊れかけでだましだまし使っていたプリンタが
いよいよ動かなくなった。

生活のゴタゴタは
学期が始まる前に片づけておかなければ。
そうと決まればさっそく行動に。
別々の店で注文したのに
ベッド・マットレス・プリンタの大きな箱が
3つ同時に届いた。

まずは今まで使っていたベッドを
リビングへ運び出す。
今後こいつにはゲスト用として活躍してもらう。

そしてベッド本体。
50kg超の細長い箱を玄関に引きずり込んで
部品をひとつずつ寝室へ運び
スクリュードライバーを手に組み立てに腕を振るう。
つくりは単純だけど部品がいちいち重たくて
なかなかの重労働だった。
ふぅ。

筒状に丸まって届いた17kgのマットレスを
できあがったベッドの上にごろんと載せ
ビニール袋を切り開く。
完成!ぱちぱちぱち。

そしてプリンタ。
今度のはコピーやスキャンもできる多機能なヤツ。
今までの薄くて軽いプリント専用機は
机のhutchの上でよかったけど
アップライトがグランドピアノになったようなもので
同じ場所に置くことができない。
そこで元テレビ台を机の隣に移動させる。
アメリカの家具はどれもバカみたいに重いので
中身をからっぽにしても全然持ち上がらない。
カーペット敷きで引っぱることもできないので
にじにじ、にじにじっと少しずつ動かす。

その夜はものすごくよく眠れたが
新しいベッドが快適なためなのか
久々の肉体労働のせいだったのか。
いま思えば暑さが戻る前に済ませておいてよかった。

とにかく私のアパートは
ますます居心地がよくなった。
引きこもり準備完了。
明日から新学期。
[PR]

by emi_blog | 2010-09-02 00:48 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Dimensionality 暑い >>