ノーベル賞

ノーベル賞ってやつは
自分の影響力をよく知ってるよね。



研究っていいもんだなぁとか
やっぱり理系はすごいなぁとか
研究者の家族は大変だなぁとか
いろんなことを思う。

「努力できることが才能」という言い方もあるけど
ただ努力している人なんて星の数ほどいるわけで。
世界を変える人というのは
やっぱり卓越した運や閃きの良さと
“攻め”の姿勢を持ち合わせている。

それにしてもノーベル平和賞ってのは
なかなか前衛的なのだね。
なんでしょう、この積極的に空気を読まない感じ?
子どもみたいな無邪気さと
大人を困惑させる計算ずくのメッセージ。
ぎょっとさせられるけど
でも“賞”だから文句言いにくいしね。
やるなぁ。

去年に続き、受賞者の国の人が
「えぇ?うち?」っていちばん驚いてる。
してやったり、なのかしら。
[PR]

by emi_blog | 2010-10-09 06:26 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ひざ Unmotivated >>