決意

なんで人前に出るのがイヤか、について
改めて考えた。



「恥ずかしいの?」「怖いの?」
「もう引き返せなくなるという重圧のせい?」など
いろいろ聞かれたけどどれも違う気がする。
恥はいつもかきながら生きているし
怖いものは少ないし
引き返せない重圧ならとっくにある。

なんらかの外部の力が
私に悪い影響をもたらす可能性も低いと思う。
良い影響だけ取り入れて
悪い影響には左右されない図々しさがあるから。

「それならなぜ?」
うーん。
とりあえず時間をもらってじっくり考えた。
が、答えはあまりにもあっけなかった。

注目されるのが嫌いなんだ。
目立ちたくない。
それは初めからわかっていたので他にないかと思ったが
やっぱり理由はこれしかなかった。
知らない人に知られたくない。
知ってる人にもなるべく見られたくない。
スターの素質ゼロだね。

まずはこの感じを共有できそうな人を探した。
「ね、わかるでしょ。イヤだよね」ってことが言いたかった。
探してみると意外と少ない。
その少ない人たちでさえも
「らしくないのはわかるけど悪い話でもないんじゃない」
と言う。

学芸会の配役決めのとき
“その他大勢”を狙っておとなしくしていたのに
何かのはずみで大きな役を与えられて
困惑したときのことを思い出していた。
学級写真だって“窓”にならないように気をつけていたのに
なぜこんな目に遭うんだと思った。
出たい人は出ればいい。
出たくない人は出さないでほしい。
その後どう説得されたのかは覚えていないが
かなり長いことぶーたれていたような気がする。

物事にはタイミングというものがある。
9年前「うちで書きませんか」と声をかけてもらったサイトは
いまや100万アクセス超の化け物サイトになった。
私にはこのブログのように
細々とやっていくのが性に合っているから後悔はないけど
チャンスはめったやたらに巡ってこないことは知っている。

そうこうするうちに
また自分の説明力不足を突きつけられた。
私の力で伝わらないのなら
第三者のプロに頼むのは良い方法かもしれない。
私のことはともかく
この生まれたての我が子だけは誤解のない環境で育てたい。
ひとりでも多くの人に愛されるようになってほしい。

仕事に嫌いなことはつきもの。
イヤでもしょうがないことってある。
かわいい我が子のためだと思えば
清水の舞台を顔から落ちることぐらいできるでしょ。

と、いうわけで。
[PR]

by emi_blog | 2010-10-12 06:05 | 仕事 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Surprise Resistant Who's on Fi... >>