日本語

日本で日本人に
「日本語がわかりませんか」と聞かれた。



Yちゃんと名古屋市内のホテルでお泊りの日。
乳液を忘れてきたことを思い出したので
ドラッグストアに立ち寄った。

私は美容に無頓着で
化粧品も決まったものがないので
いつも適当に目に留まったものを使っている。
大きなお店では選択肢が多すぎて困っていたら
30代ぐらいのベテランっぽい美容部員さんに
「なにかお探しですか?」と声をかけられた。

はい、乳液がほしいんですけど
どんなのがよいかわからなくて。
「お肌の悩みやトラブルはありますか?」
いえ、特にありません。
「でしたら今は乾燥した季節ですから
保湿力の高いこういったものがよろしいかと」
そうですか。
じゃあそれにしますが
もっと小さいのはありませんか。
「こちらがお試しサイズになっております」
あ、そうですか。
ではそれにします。
「こちらはお肌の細胞のД*%Шゞ§が
ю#п※зと結びつくのを助ける働きがありまして」
あ、そういうの私ぜんぜんわからないので
なんでもいいんです。
「あ、日本…語が、あまりわかりませんか」。

美容部員さんは終始にこやかで真面目だったので
それがかえっておもしろくて笑ってしまった。
すぐに店内の離れたところにいたYちゃんに報告したら
「なんて失礼な!」と憤慨してくれたけど
偶然にも私は一時帰国中で後ろめたいところもあるし
このエリアはアジア系外国人が多いところでもあるし
なにしろ当の本人である私のツボに
どストライクだったんだからまぁいいじゃないの。

考えてみたら私ぐらいの年齢の日本人女性で
化粧品に興味がなくて美容情報を面倒くさがる人なんて
めったにいないのだろう。
少なくともあの美容部員さんの住む世界ではありえないことで
仮にそんな人がいたら
それは日本語が通じないとしか考えられないのだ。

それにしてもまいったね。
英語を話している時に
「え、日本人なんですか!」と言われたことは
今までにもあったけど
とうとう日本で日本語しゃべってるのに
疑われるようになっちゃったよ。
[PR]

by emi_blog | 2010-12-16 16:23 | その他  

<< 25 食 >>