非常識

改めて自分の“非常識”具合を知る。



元ネタになっている芸能ニュース自体は
実にどうでもよくて興味もまるでないのだが
それに対する世間の反応が
私の予想したものと大きく違っていたことは
とても興味深い。

法律だの契約だのという話でもないと思うので
加害・被害という括りが適切かどうかもわからないが
どうやら世間的には
私が原因と考える人は“被害者”で
私が正論と感じる話は“上から目線”で
私が「これで株を上げたな」と思った人は
大バッシングを受けているらしい。

要するに180°真逆。
自分が世間とズレているだろうことは
日頃からある程度覚悟していたけど
うーむ、そうかぁ。

というわけで
私が“非常識”な件については甘受するとして
イヤしかし、それにしても。

最近の世間はひとかたまりになって
大掛かりなボケをかますことがある。
流行とか批評とか、いわゆる“常識”とやらも。
で、そのボケがあちこちに放置されている。
誰かツッコんでやらなくていいの?

ベースがこうもぐちゃぐちゃだと
もはや『世にも奇妙な物語』が成立しないよね。
[PR]

by emi_blog | 2011-01-03 22:12 | その他  

<< 泣く世代 日常 >>