誤字

あるブログにコメントを投稿するにあたり
単語のスペルを間違えた。



"customer"と書くべきところを
"cusotmor"と書きこんでしまった。
-orの単語を-erと書き間違えることはよくあっても
逆は珍しい。
「あ!」と思ったときには送信が済んでしまい
投稿者側での訂正はできないようなので
恥ずかしながら誤字のまま晒されることになった。
とほほ。

こうなった理由は実に単純なこと。
"customer"に続いて"visitor"と書こうとしていたので
「-erじゃなくて-orだよ!」という意識があり
それが強く働きすぎて
"customer"の-erまで-orに変換しちゃったのだ。
我が脳ながら混乱っぷりがかわいらしい。

-erと-orの区別については
英語学に詳しい方々がいろんな説明を試みていらっしゃるので
ネット上だけでもかなりの情報を集めることができる。
私自身は…まぁ、今回明らかになったとおり。
開き直るようだが私の分野においては
スペルの正確性は重要度が低い。
指導する場合もあっさりスペルチェッカーをお勧めしている。
イヤ、でも公の場では以後気をつけますけど。

そういえばうちの師匠は
LinguistでProfessorでHungarianで時々Tennis player。
ヨーロッパ言語をいくつも使える言語学者だから
きっとこれらの接尾辞についてもきっちり区別していて
明快に説明できるんだろうな。
[PR]

by emi_blog | 2011-01-11 02:00 | 英語 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 銃のこと 現実逃避 >>