冬景色

約ひと月ぶりにNYCへ。
やっぱり先月とは冬の威力が違う。



ハドソン河沿いを電車で2時間半。
凍った河は場所によって
巨大なスケートリンクのように真っ平らだったり
流氷がひしめき合ってデコボコだったり。

河の白。
向こう側に見える山肌に残る雪も白。
曇った空も白。
突き出すように生えている木々だけが黒。
まるで水墨画の世界。
和風ぅ。

ちょっとウトウトして目覚めたら河が解けていた。
あらためてNYCは州の最南端なのだなぁと思う。
シティの人たちはあれでじゅうぶん寒がっているから
むしろ河が凍ってるってことを信じてくれないけどね。

昼間は晴れていたが予報どおり夜は雪が降ってきた。
で、終電でハドソン河を北上。
車窓からは真っ暗で何も見えないけど
停車駅ごとに積雪が増しているのだけは確認できた。

ほぼ遅れもなく1:30amごろAlbanyに到着。
今朝はあいにくgarage(屋根付き駐車場)が満車だったので
愛車は吹きさらしの中。
すっぽり雪に覆われて白い丸っこい物体になっていた。
エンジンを温めながらさらっさらの粉雪をブラシで落とす。

時速20kmの超低速で慎重に帰宅し
車庫から玄関まではペンギン歩き。
メンテナンスが雪かきして作ってくれたらしい歩道は
もうだいぶ白く埋まってしまっていたけど
それでも雪が低くなっているから道の位置がわかる。
この上なく軽い粉雪は
踏もうとすると着地前に風圧で飛んでしまうので
自分の歩いた跡を振り返っても足形が残っていなかった。

今夜と明日まる一日でまたたっぷり降るらしい。
NYC市長、今度は大丈夫かな。
[PR]

by emi_blog | 2011-01-12 19:12 |  

<< 文法 銃のこと >>