節目の年

Albanyエリアの日本人のみなさん、
おめでたいこと続き。



妊婦のNさんは安定期に入り体調もよくなった。
赤ちゃんのキックが激しいらしい。
春のBaby Showerの企画進行中。

Iさんは国際恋愛が実りついにゴールイン。
旧正月を待って今週末に入籍されるそうだ。
いやぁ、よかったよかった。

Tさんも夏の結婚式に向けて準備中。
異文化でなにかと大変そうだけど
迎えてくれる家族があるって幸せなことだよね。

Yさんは今春のPhD取得を待たずして
見事S州立大学准教授の職をゲットされた。
10年に渡る研究とAlbany暮らしに終止符。
すばらしい。
IさんやHさんも今年中に卒業の予定だそうだ。

それぞれのおめでた報告を聞きながら
内容はいろいろでも、ある時期を同じ場所で過ごした日本人たちが
同じ年に人生の節目を迎えるって、なんて素敵な偶然だろうと思った。
この人たちはこれから先バラバラになっていくけど
2011年に対する特別な思いをいつまでも共有する仲間なんだ。
そのことがうらやましい。

それにしてもYさん・Iさん・Hさんが抜けるとなると
オヤ、ひょっとして私がいちばんの古株に…?
ま、先のことはわからないからね。
[PR]

by emi_blog | 2011-02-03 03:10 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 燻る 大雪 >>