非常事態

リーダーシップとか大の苦手なんだけどね。
ま、非常事態ですから。



地震発生時にたまたま実家の母とスカイプをしていたため
揺れを“目撃”し、以来ネット上での情報収集がスタート。
まだ始まったばかりのストリーム放送でNHKニュースを見て
ぜんぜん眠れない、何も食べられない、泣いてばかりの状態で
最初の24時間ほどを過ごした。
愛する母国が破壊されていくのをただ指をくわえてみている以外
なんにもできないと思った。

それから、なんというか、我に返ったような感じで
食べたり寝たりすることができるようになったら
俄然気力が沸いてきた。
なんにもできないわけがない。
何かできることをしようと思い立った。

そうなるといてもたってもいられず
地域の日本人に「一緒にできることを探そう」と声をかけた。
普段おとなーしくしている私がこんな行動を起こすこと自体が
“非常”だが、そんなことは構いやしない。
そして、好みじゃないからずっと避けていたFacebookを
突然、フル活用で使い始めた。

あっという間に地域の有志が10人ほど集まり
Japan Earthquake Relief Albanyができた。
自ら考え、意見を述べ、行動できる素晴らしいメンバーが揃った。
現在は募金活動を立ち上げるべく
関係各所からの情報収集、他の団体との連絡などを行っている。
送金先と許可の問題がクリアされ次第
募金箱の設置や街頭募金を始めるつもり。
長期的なものや金銭以外のアイディアも随時企画化していきたい。

必ず届けるから待っててほしい。
[PR]

by emi_blog | 2011-03-15 11:41 | 支援活動 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 在米邦人にもできること 輪番停電 >>