Springtime At Last

ぴっかぴかに晴れた日曜日に
思い立ってお散歩。



部屋にいても芝生の緑がまぶしいほど。
よし、今日は湖のほとりでのんびりしよう。
ミントティーとカメラを手に外へ出る。

湖はほぼ敷地内なので
ドアツードアで(湖にドアないけど)徒歩5分ほど。
もっと頻繁に行ってもよさそうなもんだよなぁ。

このまえは雪に埋もれていた遊具に
ちびっこがいっぱい集まっている。
冬の間ヒマそうにしていたベンチが
今日はひとつの空きもない。
湖の周りの遊歩道は犬や自転車やベビーカーや
ジョギング中の人たちがひっきりなしにすれ違う。

湖を4分の1ぐらい周ったところで
やっと休憩できそうなところが見つかった。
水際に近いところで横たわる大きな石。
いいかんじに温まっていたのでサンダルを脱いで
足の裏からもじんわり熱をもらう。

鳥が鳴き、魚が跳ね、草が揺れる。
久しぶりに耳を開いたような気がする。

人の気配を感じて振り返ると
4歳ぐらいの女の子が私のすぐ後ろに降りてきていた。
「釣りができるんだよ」とご自慢の竿を見せてくれる。
釣り糸の先にはプラスチックの緑色の魚がついている。
まもなく同じ釣竿を持った妹と両親も降りてきた。
しばらく一緒に“釣り”を楽しんでいると
今度はタンポポ摘みの女の子が降りてきた。
その母と、まだ赤ちゃんの妹もやってきて
思いがけずにぎやかなひと時となった。

Playgroundへ行くという子どもたちを見送って
冷めたミントティーを飲みながらまた一人の時間を楽しむ。
空が高い。
[PR]

by emi_blog | 2011-05-03 04:18 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東上西下 許可証 >>