Expert

Expertになる怖さと
それを乗り越えること、について。



いつまでも新入りでいたくても
自分ではなかなかExpertiseが認められなくても
「ひとつのことを長い間やっている」というだけで
"No expert"を自称することは許されなくなってくる。

住み慣れた場所がどんなに居心地良くても
まだその準備が整っていなくても
そこを離れなければならないときが来る。
新しいIdentityがすぐそこまで迫ってきている。

自分がExpertだということを
どうやって受け入れたの?と尋ねたら
Jはちょっと考えて
「うーん、徐々に徐々に、だと思うよ」と答えた。

最初は誰でもExpert扱いされることに戸惑う。
「私なんて」と否定したり、逃げたくなったりもする。
でも、自分の経験や知識を客観的に見て
「あ、私よく知ってんじゃん」「できるじゃん」と思えることを
“証拠”としてひとつひとつ積み上げていくと
やがてそれが「自分のCompetenceだ」と認められるようになってくる。

「医学部を卒業したばかりのお医者さんは
内心はともかく、患者の前では堂々としているでしょう?
そうしているうちに自信がついてくるものよ」。

うーん。
それはわかるんだけどなぁ。
私はどういうわけか経験が自信につながってこないのだよ。
たとえば師匠に大仕事を与えられても
それを無事にこなしたとしても
ただ運がよかったり、相手に恵まれたりしただけだとしか思えないから
“証拠”がちっとも積み上がってこない。

すると「周りの人をもっとTrustしなさい」と言われた。
「周りの人たちは、
あなた自身よりも先にあなたのCompetenceを見抜いて
あなたよりも正確にそれをEvaluateできているのかもよ」。
うぅーむ。

「あなたのJudgmentは常に他の人のものより正しい?」
いいえ。
「でしょ?それなら周りの人の評価を信用すべきじゃない?」。
うぅーーーむ。

「『周りが過大評価している』と感じるかもしれないけど
それと同じだけ、自分は過小評価しているかもよ?」。
うぅぅーーーーむ。

簡単に答えが見つかるわけでも、解決したわけでもないけど
なんとなく、楽になった。
少なくとも課題がはっきりしたような気がする。

本当はずぅっと“その他大勢”に埋もれていたいんだけどなぁ。
どうしてこんなことになっちゃったんだろ。
[PR]

by emi_blog | 2011-05-06 15:36 | その他  

<< 続・Expert Qualifying Exam >>