続・Expert

わかっていることと、わからないこと。
その境界を明確に知っていること。



昨日のつづき。

Expertであるということは
自分が何を知っていて、何を知らないかを
はっきり言えるということだと思う。
この点についてはJも大いに賛成してくれた。

自分の専門以外については「わからない」ときちんと表明する。
他のExpertが解決できそうなら紹介してあげる。
それがExpertの責任だし、そうでなければおかしい。
最先端科学が集結したって「わからない」疑問のいろいろに
一人の人間が答えられるわけがないのだ。
仮にそれをしようとすれば、そこには必ず嘘が混ざってくる。

幸い私は「わからない」と言うことには抵抗がないが
その一方で「わかる」と言えることがあまりにも少なくて
それで困っているのかもしれない。
一つわかろうとすると、その過程でわからないことがいくつも付いてくるので
結局わかることよりわからないことの方が多くなってしまう。

たとえば英語教育に関するFAQのひとつ。
「子どもは何歳から英語をやらせるべきですか?」。
そんなの答えようがないよ。
私の知る限り、現時点で答えを持っている人は世界のどこにもいない。
そういう質問と、私はどう関わっていったらいいんだろう。

このところ引っかかっていた自称科学者のこと
最近出会ったExpertの方々から学ぶこと
質問サイトで答えられないこと一般向けのコラムが書けないこと
センモンカって何?という問い

このあたりがヒントになりそうかなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2011-05-07 06:35 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< E.T. - Magnetiz... Expert >>