地震

本日午後2時前、バージニア州を震源とする
マグニチュード5.8の地震が発生。



震源地から480マイル(770km)ほど離れた
ここニューヨーク州都地区の私の自宅でも
地面が動いているのが感じられた。
そしてアパート全体がグガッグガッと横に揺れた。

地震大国出身者なので第一リアクションとしては
まず「地震!」となるんだけど
「いや待てよ、ここはアメリカだし」という変な訂正が入って
揺れを感じながらも半信半疑。
ブラインドが揺れているのは風のせいかも?
振動は庭で轟音を立てている芝刈り機のモーターのせいかも?
でもこれはいつもとちょっと違うよなぁ。
そんなかんじで確証が持てない。

そして揺れが収まってみて
あいかわらず芝刈り機は作動しているのに揺れが止まったということは
やっぱりさっきのは地震だったのかなぁと思う。
ちなみに芝刈り作業中のメンテナンスのお兄さんたちが
揺れを感じた様子はまったくナシ。

しばらく経ってようやくネット上にそれらしい情報が集まってきた。
この地域の揺れを報告するツイッターを集めた記事領事館の発表
ようやく地震だったことを確認する。

「生まれて初めて地震を体験した!」と言っている人もいる。
なんだかわからなかった人も多いみたい。
日本で同僚だったカナダ人Pが初めて地震に遭ったとき
「いつも健康な自分が眩暈を起こすなんてどうしたんだろう」と
ひとり不安に陥っていたのを思い出す。
後で「あれが地震というものだったのか!」と知って喜んでいた。

地震に慣れていない人は地震に対する反応が遅い。
地震に慣れているはずの日本人の私でも
半信半疑になっちゃってたぐらいだから
めったに地震が起きない土地にいる人は
地震に対してすぐ反応できない、というのが正確かもしれない。

その代わり、と言っちゃなんですが
この国の人たちはテロに対する反応はとっても速い。
私も日本でヘリの音を聞いても「取材かな?」と思うぐらいだけど
こっちでヘリの音を聞くとちょっと警戒する。

日頃は気にしていなくても
「自分が今どこにいるか」というのは
ちゃーんとどこかで意識してるんだね。
[PR]

by emi_blog | 2011-08-24 11:54 | | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Hurricane Irene 経験 >>