情報操作

今朝(6:30am)の気温は28F/-2C。
さささ寒い。



先週木曜日の初雪は少量だったし水っぽかったので
翌日の昼ごろには解けたけど
土曜日に降った分はそこそこ積もって
水曜日の今日もまだわずかながら残っている。

それはいいんだけど。
どうやら日本ではこれを
「異常気象」だとか「季節はずれ」と伝えているらしい。
コラコラ。

ニューヨーク州のような雪が普通に降る地域で
10月末に雪が降ったって
「ちょっと早かったね」感はあるとしても
こっちの人たちは異常ともハズレとも思ってないよ。
今年はたまたま日本がまだ暖かいから
雪のニュースを見せて、そのギャップで驚かせたいだけでしょ。
安いなぁ。

聞きかじりの“グローバリズム”や
インターネットやテレビが流す情報など
得体の知れない人のフィルターがかかったもらいものだけで
世界が身近になったように感じても、それは錯覚。
誰かに誘導された錯覚のウラには必ず目的がある。
遠い国でちょっぴり雪が降ったというような
比較的のんびりしたニュースでさえ。

その一方で、自分の目や手足や頭を使って体験すると
世界は本当に身近になる。
“遠い国”なんてものがなくなる。
この感覚がみんなに必要かどうかはわからないけど
物騒な世の中で慎重に生きていくには役に立つかもね。
[PR]

by emi_blog | 2011-11-02 20:19 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 言語学習と国民心理 Router >>