本番前日

私はリハーサルが苦手。
正確に言うとリハーサル済みの本番が苦手。



ランスルー(通し稽古)なんて最悪。
だってたとえば前日にランスルーなんてしちゃったら
当日、昨日と同じことをやってる自分に冷めちゃわない?

以前、2人組の共同プロジェクトの発表のときに
相手がガッチガチのリハーサルをやりたいと言いだして
困ったことがあった。
彼は通しで、しかも本番さながらにやりたいのだけど
私はそれ自体が恥ずかしいし、それをやっちゃうと
本番でテンションが下がるような気がして拒否。
妥協案として、彼は本意気で、私はつきあい程度に軽く、で
通しをやることになった。
口先だけで棒読みをする私の様子に
パートナーは不安になるやらイライラするやら。
まぁ結局本番はうまくいったんだけど
彼はきっと直前まで心配だったと思う。
私のスタイルはチームに迷惑をかけることがあるんだと知った。

今日はオフィスで事務手続きをしていたら
たまたま通りかかった師匠が
「部屋と機材を確認しておけ。絶対に時間どおりにスタートするように。
1分たりとも遅れは許さない」と脅すので会場の下見をしてきた。
「緊張が増すだけだし…別に見なくても…」と思っていたのだが
行ってみたら部屋の入口がわからなくてちょっと戸惑った。
ドアはあるのだが、鍵が付いていない。
隣のオフィスにいた人に「キーパッドはどこ?」と聞いたら
「こっちは裏よ」と言われた。
ついでに"Good luck"と言われたから
どうやら今の私は誰が見てもテンパってんだろう。

鍵を開けて、部屋の電気をつけて
コンピュータとスクリーンを立ち上げて
いちおう一通り画面だけ動かす。
ここで一人リハーサルしてもいいんだろうし
そうする人は多いんだろうけど
私の場合、まだスクリプトを作ってないから
残念ながらしたくてもできないのだねぇ。

というわけで確認作業は5分程度で終了。
電気を消して部屋を出る。
24時間後、こうしてまたこの部屋から出るんだなぁと思ったら
…うぅぅ。
無事生還できますように。
[PR]

by emi_blog | 2011-11-17 06:56 | 研究 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Unwind Weekend 甘いもの >>