好き嫌い

「好き嫌いの問題じゃないんだ」
と言われることがよくある。



“高尚”で“論理的”な話し合いに
私はすぐ好き嫌いを持ち込むからね。
なにしろ私は直感を中心に生きているから
好きか嫌いかをはずして物事を見る、なんて
できないんだと思う。
こんな人が科学的研究をやってるって、ねぇ。

たとえば政治や経済や経営も
要するにそこにいる人、担当者に好感が持てるかどうか。
私はそれで支持するかどうかを決めている。
身近で日常的な事柄についてもまったく同じ基準で
手を出すか出さないかを決めている。

では私はどんな人が好きでどんな人が嫌いなのか。
改めて考えてみた。

好きな人というのは
誠実で、人の話をよく聞き、誰かのために行動できる人。
凛としていて、裏表や分け隔てを持たない人。
愛情深い人。

嫌いな人というのは
ウソや大げさなことを言って注目を集めようとする人。
お金のことばかり考えている人。
自分の目的のために他人を利用しようとする人。
愛を求めてばかりいる人。

好きな人がたくさんいる国が好き。
だから私は日本が好き。
いつまでも躊躇なくこう言っていられますように。
[PR]

by emi_blog | 2011-12-02 01:21 | 文化  

<< 気になる英語 Vacation Plans >>