秋入学

大学の秋入学が話題になっている。
…で?



手抜きして日経新聞の記事をざーっと読んだだけ。
だからかもしれないが
論点がさっぱりわからないのだ。

「少子化、グローバル化、国際競争が進む中で大学が活力を維持するには
自ら変わらなければいけない」
2/20付『秋入学の狙いは 東大副学長 清水孝雄氏に聞く

「大学教育を基幹産業と捉える発想の転換」
2/21付『人材競争 国境なく 秋入学、「内向き」変える好機に

「春入学にこだわっていると置いていかれる」
2/11付『宇都宮大、独協医大が秋入学「検討」 茨城・群馬大は慎重

「社会を覆う閉塞感を打破し、将来への展望を切り開く
“起爆剤”としての期待が高まる」
2/20付『大学秋入学、変革のうねり 「沈む日本」に危機感

さっぱりわからないまま、聞きかじりの情報をつないで
適当に解釈してみよう。

-----------------------------------------------
①“国際競争”“グローバル化”
かつては国内だけでなんとかなっていた優秀な人材の育成が
もう立ち行かなくなってきている。
中国やインドの台頭もめざましい。
このままではヤバイ。世界に遅れをとる。
日本人をどんどん外へ出し、外から学生を入れる。
やり方もカレンダーもアメリカ式に切り替えればいいじゃないか。

②大学経営
大学も産業として、経営や利益を考えなければならない。
東大ほか主要大学がやるというなら成功の見込みが高そうだから
乗っかるところもある。
よくわかんないけど遅れちゃいけないから後を追う大学もある。
東大と言えども失敗するかもしれないから
今のところは手を出さないでおくところもある。

しばらく経って、もし秋入学採用が51%を超えれば
「みんながやってるから」という理由で一挙に大多数になるのだろう。

③社会面
現行の会計年度を基に作られた、企業の採用や国家試験などの
時期の問題があるので今すぐにというわけにはいかないが
大学が秋入学にするというのなら、それに合わせて変更も可能。

記事には書いていないが、大学と社会がスケジュールを合わせて
それが定着する世の中になれば
文科省が高校以下の入学・卒業時期を変更することもできちゃうでしょ。
-----------------------------------------------

要するに
トップ大学が仕掛けた秋入学がきっかけになって
幼稚園・保育園の入園式から会計年度に至るまで
日本のいろいろが秋はじまりになる可能性が出てきた、と。

で?
だから何?

留学しやすくなった学生たちは外国で“国際競争力”をつけ
“グローバル”な人材に育った上で日本へUターンして就職。
外国からの留学生も増え、大学は経営難から脱出。
国内外から優秀な人材が入ってきて企業も官庁も安泰。
祝・日本復活。

…と、そういうこと?
[PR]

by emi_blog | 2012-02-22 07:12 | 文化  

<< 自己顕示欲 Presidents Day >>