16F/-9C。
キーンと冷えた朝。



車がすっぽり霜で覆われていた。
乗り込んで、車内を温めつつ
フロントガラスを隙間なく埋め尽くす粒々を
裏側からじっくり観察。

結晶の一本一本まではっきり見える。
ほとんどはバラバラに散らばっているが
ところどころ連なって枝のようになっている。
きれーい。

このまま取っておきたいけど
それでは運転できない。
もったいないけど除けましょう。

羽毛のような、花びらのような風情。
ふっと吹いたらハラハラと飛んで行きそうな
繊細で可憐なイメージ。

ところが。
霜はガラスにビタッッと張り付いているのだ。
ワイパーなんかじゃビクともしない。
雪ブラシもスクレイパーもいまいち機能せず。
なんだ、キミたち。
見かけによらずしぶといな。

時間もあったので温風で融かすことに。
しぶとい正体を知ったあとでも
消えていく姿はやっぱり儚げ。
惑わすねぇ。
[PR]

by emi_blog | 2012-03-06 21:43 |  

<< メモ ふにゃふにゃ笑い >>