Empathic Connection

非常事態というのは
人間の日常が露呈するときでもある
」と書いてから1年。



久しぶりにまたガッカリさせられることがあった。
1年前はむしろこうしたガッカリに対して
警戒心というか、覚悟というか、心の準備があったのだが
時間が経って、油断していたんだろう。
不意を突かれた。

こういう人はいくらでもいる。
こういうことはどこにでもある。
それはわかってたつもりだったんだけど。
やられちゃったな。

しかし、大きな救いになったのは
このガッカリを共有し、共感してくれる人がいるということ。
私のガッカリが怒りに変わっていくのを笑って見届け
吐き出し終わるまでつきあってくれる人がいるということ。
おかげできっちり消化できた。
ありがたい。

ガッカリさせられたことは残念だったけど
その気持ちを伝え、相手に受け止めてもらうことで
お互いを今まで以上によく知ることができたような気がする。
同じものを見て、同じように感じる人がいてくれるのは
ほっとするし、うれしいものだ。
100%嫌な経験になるはずだった出来事が
心温まるような想い出のきっかけになるなんてね。
わからないものです。

『転んでもタダでは起きない』って
こういうことかしらね。
[PR]

by emi_blog | 2012-03-13 18:24 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 春到来 Japan >>