RD's 100th Birthday

Googleのアイコンの上に見覚えのあるモノクロ写真。
あ!ドアノーだ!



急いでGoogleのホームページへ行ってみると
懐かしい写真が4枚重ねて置いてある。
マウスオーバーすると"Robert Doisneau's 100th Birthday"。
おぉぉぉー、そうだったのか。

ロベール・ドアノーは私が大学時代にハマった写真家。
近所のカード屋で気に入ったポストカードを適当に選び
何気なくフォトグラファーの名前を確認したら
選んだカードのすべてがドアノーの作品だった。
そんなことがあったら運命感じちゃうでしょう?

それから写真集を買い、写真展にも何度か行った。
ポストカードは集められるだけ集めて壁に吊り下げていた。
部屋中がドアノーだらけだった。

特に人物の写真が好きで
その中でも子どもの写真にがっつり心をつかまれた。
センスの良いユーモアと、たっぷりの愛情が詰まった写真。
人間が好きでなければ絶対に撮れない写真。

画像検索してみた。
うわわわわー。どれもこれも。あぁぁ、もう。

Google がドアノーの生誕100周年を祝っていることは
あちこちのオンライン・ニュースに載っている(参照1 参照2)。
今回のことで初めてドアノーを知った人もいるみたい。

粋なことするねぇ、Google さん。
[PR]

by emi_blog | 2012-04-14 14:45 | 趣味  

<< 『我的日本語』 Spring >>