梅チューブ事件

日本から持ってきた梅肉チューブで
驚きの事件発生。



ひとり暮らしの私が去年から始めた
『あえて苦手なものを食卓へキャンペーン』(参照)と、
エアコンのない部屋でも夏を元気に乗り切る計画のコラボで
この夏はすっぱいものを積極的に食べることにした。

材料はお酢やレモン、梅干など。
手抜きしたいとき用に、便利な梅肉チューブを仕入れてきた。

で、先日、新しい箱を開けた。
ミシン目からフタを開き、逆さにしてテーブルに。
すると、なななんとチューブが2本滑り出た。
えええええ。

箱を隅々まで丁寧に調べたが
どこにも『2本入り』とは書いていない。
内容量40g。ってことはやはり1本分しかない。
そもそも箱の大きさからして、2本入れるのは明らかに無理がある。
絶対おかしい。

メーカーに「2本入ってました」と報告したら
お詫びに正しい1本入りを送ってこられちゃったりするのかしら。
海外だし、それはお断りするとしても
知らせてあげたほうがいいかなぁ。
ここに2本入っちゃったせいで、近くで空箱ができちゃったかもしれないし。
それにしても、日本の大手メーカーのラインでも
こんなミスがあるんだねぇ。

それから4日後。
母とスカイプ中、すっぱいレシピの話になり、この事件を思い出した。
そうそう、聞いて!!
チューブが2本入ってたんだよ!!!
箱は普通なんだけど、2本入りだったんだよ!!!
大興奮で話す私とは対照的に母はやけに落ち着いている。
「うん」。
あれ?
「私が詰めたのよ」。
ええええええええええええ。

「箱、かさばるかなぁと思って。底にテープ貼ってあったでしょ?」
イヤイヤイヤ。
びっくりしちゃってたから底なんて確認してないよ。
ていうかいつの間に?
「emiがパッキングしてる横で。見てなかった?」。

そうだよなぁ。
そんなミスあるわけないよなぁ。
メーカーに報告しなくてよかったよ。
[PR]

by emi_blog | 2012-07-20 00:01 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 涼しい TOEIC満点 >>