社会とつながるということ

何かの力を借りないと社会とつながれない人。
自分の力で社会とつながっている人。



写真家で映画監督の蜷川実花さんは
父親の蜷川幸雄さんに
「男を通じてしか社会とつながれない女になるな」
と言われて育ったそうだ(参照)。

非凡な才能の持ち主である父と娘だからこその
特殊な教育方針だと言ってしまえばそれまで。
だが、これ、結構応用の効く考え方じゃないかと思う。

「男を通じてしか社会とつながれない女」。
この場合の『男』とは、『女』を招き入れてくれる人のこと。
単独で社会に入ることが許されていない『女』は
玄関で警備員に止められ、受付で『男』を呼んでもらい、
『男』が迎えに来るのを待って、
『男』の監督責任の範囲内で限定的な活動をするという条件のもと、
『男』の身分証明のおこぼれを使って特別に入構証を発行してもらい、
ようやく社会とつながることを許可される。

この方法で社会とつながりを持った『女』は
あくまでも一時的なゲストまたは見学者であって
決して社会の一員ではない。

部外者が見学できるところは限られている。
が、たとえくまなく社会を見て回れる機会があったとしても
『女』本人がそれを望まない。
『女』は気楽に社会の一部を見学できれば満足なのであって
全体像など理解できなくてもかまわないと思っている。
一度も社会を見たことがないというのはさすがにマズイけど
深入りすると責任を伴って大変そうだから、正式なのは要らない。
たまに『男』に連れてってもらうぐらいで十分なのだ。

ジェンダー対策としていちおう書き添えておくが
ここで言う『男』『女』は蜷川氏の言葉から引いた記号であって
他意はない。
「女を通じてしか社会とつながれない男」でもよいし
もっと言えば
「親あるいは子を通じてしか社会とつながれない人」
「組織や所属を通じてしか社会とつながれない人」
「カネを通じてしか社会とつながれない人」などに換えても
内容としてはまったく同じ。

補足ついでにもう一つ書いておくと
『社会とつながる』とは、
外で働いて給料をもらうというような表面的なことではない。
稼ぎがあったって、社会とつながっていない人はいくらでもいる。

その対極にあたるのは
社会に求められて自分の名前の入った許可証を与えられ
自らの足で社会に入り、つながりを作り、
社会に貢献することで、日々そのつながりを強化している人。
アンテナを張り、動き、感じ、判断し、他を気遣い、感謝し、
迷っても悩んでも、社会から逃げないで前へ進む人。
視野の広さ、柔軟性、そして自立した態度を持ってさえいれば
専業主婦や学生でも社会としっかりつながることができる。

もっとも、「いい男を見つけて、その庇護の下で暮らせる女になれ」
という教えもあるだろう。
(この『男』『女』も単なる記号ですよ、念のため。)
そっちのほうが処世術として賢いと思う人もいるだろう。
矢面に立つより、盾に取る何かを持つほうが得だと。

どっちが良いとか悪いとかじゃない。
考え方次第。

ただ、何かにすがって辛うじて社会とつながっている人は
不安や不満が多く、ストレスを抱えやすいように思う。
社会の中に自分の居場所を築いている人は
強くてしなやかで魅力的じゃないかな。
だとすると結果的には個人の幸せに影響することになる。

「男を通じてしか社会とつながれない女になるな」。
大人の耳にはともすると過激に聞こえるこの言葉は
子どもにさまざまなことを考えさせる。
「なぜそういう女になってはいけないか」
「どうすればそういう女にならずに済むか」
「そのためにはどうしたらよいか」
「そうまでしてつながっておくべき社会とはどんなところなのか」。
考えるというプロセスを経て、子どもは自立する必然性を発見する。
自分の人生を切り拓いていく覚悟ができる。

これから厳しくなっていく世の中では
自力で社会とつながれる人の需要はますます高まる。
教育はそれを見越して、一刻も早く準備を整えなければならない。

ところで蜷川幸雄さんは同じことを妻にも言っていたそうだ(参照)。
妻にも娘にも、理想の“イイ女”になってほしかったんだね。
そして妻も娘もそれに応えた。
素敵だなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2012-07-25 00:36 | その他  

<< Drought トクな人生・ソンな人生 >>