Kiss

久しぶりに会ったEちゃんにチューされた。



Eちゃんとはかれこれ2年ほどのおつきあい。
生命体として確認されて間もなくうちへ遊びに来たし
おなかにいるうちには一緒に支援活動をしたし
去年誕生した日には、まさに生まれたてホヤホヤの状態で
対面した。

そのEちゃんと、Nさん邸の流しそうめんパーティーで再会。
ちょっと会わないうちに歩けるようになっていたEちゃんは
芝生に足を取られそうになったり、ときどきペタンと尻餅をつきながらも
広い庭を自由に歩き回り
竹筒から流れ落ちる水を触りたがり
そうめんを食べておいしい顔をしたりする。

日本からのおみやげでベビーフードを渡したところ
ガシッとたくましく奪い取って、一旦は去っていったのだが
ママによって強制Uターン。
「Eちゃん、ありがとうのキスは?」と促された。

「あ、そうか」とばかりにEちゃんは私の方へ向かってきた。
目はまっすぐに私の方を見つめたまま、ガニ股でノシノシと歩いてくる。
ぶちゃぶちゃの、くちばし風にややとんがった唇が近づいてくる。
情熱的ぃ。

ほっぺにチューなのかな、と思っていたら唇を奪われた。
接近してくるまでの気迫とは裏腹に、ふわんとごく軽い着地。
キスはほんの一瞬で、その後はさっと踵を返し
恥ずかしそうにパパの足元に顔をうずめた。
この一連の流れが数日前から始まったEちゃんのマイブームなんだそうだ。

んもう、悪いオンナになりそうだねぇ。
[PR]

by emi_blog | 2012-08-01 02:52 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Candidate 克服プロジェクト >>