アゴ凝り

あぅぅ、アゴ痛いー。



2006年の留学初期から現れた“噛みしめグセ”(参照)。
治るどころか年々悪化している。

いつの間にか歯を食いしばっていて
アゴに力が入っている。
集中しているときはもちろん、最近は寝ているときも。
で、気がつき次第、口を開けたり
ふぅっと息を吐いたりして解放するのだが
またいつの間にか力が入ってしまう。

この夏は特にひどいらしく
下アゴ、奥歯の奥にだるいような違和感がアリアリ。
手が空いているときは
こめかみからアゴの先まで、顔の輪郭をマッサージ。
急に口を開いたりするとアゴが外れちゃいそうな気がして
なるべく慎重にゆっくり開くようにしている。
とはいえ気にしすぎるのも良くないので、加減が難しい。

ま、症状は結果だからね。
そして原因はわかりきっているからね。
心からリラックスできる日まで、適当につきあっていくしかない。
[PR]

by emi_blog | 2012-08-09 18:02 | その他  

<< 国際バカロレア 『スーパー鉄道模型』 >>