Diana Henriques

"The Wizard of Lies" の著者、
Diana B. Henriques の講演会に行ってきた。



Dianaはニューヨークタイムズの記者として活躍し
現在は金融ジャーナリストとして世界を舞台に
さらに活動の場を広げている女性。
ベストセラーとなった"The Wizard of Lies"は
元ナスダック会長で巨額詐欺により150年の禁固刑をくらった
Bernie Madoff の半生と逮捕後の様子を描いた作品。
(ところで彼の“和名”は『マドフ』というらしい。ヘンなの。)

…なーんて書くと、いかにも私がこの事件に興味があって
著書を読んでファンになって講演会に駆けつけたみたいだけど
ぜんぜん違う。
友人Lが「今度こういう講演会を主催するから」と招待してくれるまで
DianaのこともMadoffのことも何も知らなかった。
ナマでお目にかかる以上、手ぶらで行くのも気が引けるからと、
ネットでさくっと“予習”しただけなのだ。

数字や投資の話ばっかりだったら眠っちゃうかもと心配していたが
講演の内容はMadoffの生い立ちや家族との関係など
彼自身の人間性に関することと
騙し・騙される人間の心理についてだったので
とてもおもしろく聞くことができた。
Madoff に会ってみたくなった。

Dianaの講演の巧さも非常に印象的だった。
きりっとしたショートカットの似合う美人さんで
スーツにストールをさらっと巻いて颯爽と歩く姿は
いかにも成功したアメリカ人女性。
やや早口で声が高いのは意外だったが、その素人っぽいところが
かえって聞き手に親近感を持たせるのかもしれない。
物書きらしく、文や構成はしっかり練られていて
はきはきと流れるように語りながら、要所要所に抑揚をつけて
聴衆を惹きつける。
政治家とも教育者とも違う巧さだと思った。

そして彼女の調査力、人を見る力、話を聞く力や
取材に関する忍耐力、粘り強さ、報道に対する正義感に圧倒された。
カッコよかった。

日本で言うなら誰だろう?
ショートカットの美人といえば政治家のRさんや
キャスターのKさんやAさんが思い浮かぶ。
ジャーナリストという意味ではSさんとかEさんとか。

うーん。
ま、別に比べなくてもいっか。
[PR]

by emi_blog | 2012-10-09 05:22 | 文化 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 命のサイズ マクドナルド >>