Campaigns

アメリカ合衆国大統領選挙投票日まであと3週間。
昨夜は2回目の大統領候補者討論が行われた。



アメリカ人の中にも「政治に関心がない」という人が
いないわけじゃないだろうとは思うけど
少なくとも私の周りにいるアメリカ人たちは
みんな、全員、100%、この選挙に注目している。
私は大学院生で外国人なので、このサンプルは
非常に狭い範囲で採った特殊で超小規模のものではあるが
ものすごーく控えめに見積もっても
「アメリカ人は日本人より政治に関心がある」と断言して
差し支えないだろう。

ガイジンの私は討論が始まったとき他の事をしていたのだが
階上からテレビの音が聞こえてきて気がついた。
候補者の討論を国民がテレビやインターネットで見る。
アメリカでは当たり前のこと。
友人を集めてみんなでそろって見たりもする。

ちなみに現在、オバマ夫人も地方遊説中(参照)。
オハイオなど重要なポイントで演説をし、投票を呼びかけている。
「ファースト・レディーが街へやってくる!」と聞けば、人が集まる。
これもアメリカでは当たり前。
クリーブランドでの聴衆は約2000人(参照)。

4年前の投票日の様子はこんなかんじ(参照)。

アメリカ式が良いとか悪いとかは別として、
たとえば同じようなムーブメントを日本国民相手に起こそうと思ったら
まずどこから始めて、何をどうするとよいだろうか。
「無理」という一言で思考停止しないで考えてみてほしい。
起きないのだとすれば、それはなぜか。
起こさないほうがよいのだとすれば、それはなぜか。

最終回である第3回討論は来週月曜、10/22。
テーマは『外交』。
見たい人はここここからどうぞ。
未確認だけどここからだと日本語で聞けるかも?
[PR]

by emi_blog | 2012-10-18 01:20 | 文化 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Johari Window 虚言癖 >>