Kindle 2012

日本でKindleが発売されたらしい。



「漫画まとめ買い!」みたいな広告がうるさいので
なんのこっちゃと思っていたら
日本のアマゾンで日本語版のKindleの予約販売が始まった、
ということだった(参照)。

一時帰国したときにふらりと日本の家電屋さんに立ち寄り
"キンドル売り場”を尋ねたのは2009年のこと(参照)。
当時は家電のプロでさえ「聞いたことない」という状態だったし
日本語版を作るには技術的なことよりも権利関係が難しく
「当面は不可能」と言われていた。

それが3年も経つと
あっさりと日本語版が発売されて
そこらへんの普通の人もKindleが何かだいたい知っていて
新しモノ好きならすでに実物に触ったことがあって
2ヵ月半待ってでも手に入れたい…となる。
もう3年もすると今のスマホぐらいに定着しているか
ブームが去って廃れているかのどちらかになる。

この3年という時間を長いと見るか短いと見るかはそれぞれ。
いずれにしても日本人の適応能力の高さ・カッコ苦笑、
そして流行ると一斉にワッと飛びつく習性は健在のようだ。
[PR]

by emi_blog | 2012-10-27 03:00 | 文化  

<< Translation 石原さん >>