名古屋飛ばし

まだ動くかもしれないよ。
でもひとまず今日のところはね。



東から前都知事がやってきて
「一緒にやりましょう」と言った。
名古屋市長は満足そうな笑顔を見せた。

あんまり信用しないほうがいいんじゃないかな、と案じていたら
翌日、東の人は西の市長とくっついて
名古屋とは別れると言い出した。
「ていうかもともとつきあってたわけじゃないし」。
やっぱりね。
すっかり安心していた名古屋の人は
突然の白紙撤回に動揺する。

『世界における日本は日本における名古屋と相似形』(清水 1989)
という仮説をまた思い出す(参照)。

いつまでも東の人に守ってもらえると思って安心していると
ある日突然「西とやっていくことにしたから。バイバイ」と
あっさりフラれちゃうかもよ。


【参考文献】
清水義範 (1989) 『蕎麦ときしめん』 講談社

[PR]

by emi_blog | 2012-11-17 14:14 | 文化 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 解散総選挙 胡蝶蘭 >>