はなして翻訳

NTTドコモが通訳電話『はなして翻訳』を
開発したんだってさ。



公式サイト(参照)によると、これさえあれば
「いつも通りに話すだけで、まるで通訳がいるかのように、
言語の異なる相手とスムーズな会話ができる」のだそうだ。
すごいねぇ。

で、このサービスはITの大きな賞も獲っていて、
バイリンガルの審査員も絶賛しているそうだ(参照)。

ちなみにドコモには『メール翻訳コンシェル』(参照)というサービスもあって
書き言葉の翻訳にもしっかり対応している。

なるほど。
じゃあもうこれで日本人は外国語に困ることはないね。
不毛な英語教育はきっぱりやめて、みんなケータイを持ちましょう。

ところでこの『はなして翻訳』のCMでは
気の強い日本人が外国人に自分の意見をぶつけ
反論されても怯むことなく自分のペースで会話を運び
なかばケンカのような熱い議論を繰り広げている(参照)。
外国語ができるようになったら、言葉の壁がなくなったら、
日本人がしたいことはこういうこと、ってこと?

うーむ。
言語はそこまで万能じゃないからねぇ。

ま、とにかく技術の進歩は素晴らしい。
使えるものは使いましょ。
[PR]

by emi_blog | 2012-11-22 01:50 | 英語  

<< 無理 “ソーシャル時代” >>