大雪

2日前の雪(参照)の上に
さらにがっつり積もった。



29日土曜日のこと。
午前中はいたっておだやかだった。
お昼過ぎ、こどもスキー場から楽しそうな声が聞こえてきたので
出かける準備をしながら窓の外へ目をやると
大粒のふわふわ雪がザックザック降っている。
おぉぉ、これはあっという間に積もるタイプのやつだ。

案の定、雪はみるみる積もり
出かけるのを躊躇するほどになった。
予定を少し遅らせた。
積もったばかりの雪はまだ除雪が間に合っておらず
車はみんな時速20マイルぐらいの低速で走行している。

去年は空梅雨ならぬ空雪(からゆき)で拍子抜けだったが(参照
やはり雪国らしさはセオリーどおり1年おきに発揮されるらしい。

夜までにベンチはふんわりしたカウチに、
木のテーブルはかまぼこ板に変身。
警察の横を通りかかったらパトカーがすっぽり雪に埋もれていた。
のどかな街だねぇ。

明けて翌日の今日は時々太陽が照りつける。
雪に反射してとてもまぶしい。
地面の白によく映える大木の長い影を
キッチンの窓から見下ろす。

そして風が強い。
屋根や枝や道端に積もった雪の表面が風に巻き上げられると
遠くでは白煙のようなものがさぁっと横に流れ、
近くではガラスの破片のようなものがきらきらと舞う。

これぞAlbanyの冬。
[PR]

by emi_blog | 2012-12-31 03:35 | | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 大晦日 ザ・アメリカ >>