編み物

久々の編み物にハマリ中。



一時帰国が残りわずかになった先月中旬、
ふと思いついて編み物を始めることにした。

私の生活はこれから研究一色になっていく。
とはいえ以前のように「気がついたら夜明け」みたいなことは
たぶんもうできない。
得意の『没頭』や『一辺倒』ばかりじゃなく
そろそろ私も『メリハリ』や『切り替え』ができるようにならなくちゃ。
そこで、脳作業を止め、強制的にリラックスさせる作戦として
研究とはまるで関係のないことを
生活の中に、人工的に差し込んでみようと考えた。

とはいえ私の専門は言語、コミュニケーション、教育。
“まるで関係のないこと”って、なかなかないのよね。
習い事は教育だから軒並みアウトだし。
映画や音楽などはもちろん、ぼーっと窓の外を見ていても
人間が登場した時点でどうしても研究に関係してきちゃうし。
写真や料理はいいけど、あまりにも日常的だし。
生産性のないことだと、後で自己嫌悪に陥りやすいし。
うーむ。

で、帰国終了前日に突然浮上したアイディアが、編み物。
もう10年ぐらいやってないけど、いいかも。
思い立ったが吉日。
実家でずっと眠っていた針や小道具をひっぱり出し
日本製の毛糸を買ってきて、スーツケースに詰めた。

基本テクの確認用に、道具と一緒にしまってあった本も連れてきた。
懐かしい。
ここに載っている作品のいくつかを作ったような気もするが
記憶が定かでない。
デザインはやっぱり新しいほうがかわいいので
編み図はインターネットで検索してダウンロード。
時代は流れているのよね。

いざ編み始めてみると
作り目の作り方さえ忘れちゃってる始末。
本を見て、なんとかスタートを切ったものの、
目を数え間違えてやり直し、
段がわからなくなってやり直し、と手こずった。
20段ほど編んで、もう大丈夫かなと思ったら
鹿の子はメリヤス、裏編みはゴム編み、模様編みはぐにゃぐにゃ。
は。
往復とも編み図の記号どおりに編んじゃってたよ。
潔くほどく。

仕切りなおして再スタート。
最初の失敗が良い練習になったようで、その後はいたってスムーズ。
ある程度編めてくると、いちいち目を数えなくてもよくなるから
頭からっぽで手だけが動くようになる。
いい感じ。

しかし。
やはり没頭型の私はつい何時間も連続で編み続けてしまう。
1玉があっという間に消えていき
気がつけば首や肩は固まり、手は腱鞘炎ぎみに。

『メリハリ』『切り替え』が目的だったはずでしょう?
これぞ本末転倒。
ダメだなぁ。
[PR]

by emi_blog | 2013-01-06 16:18 | 趣味  

<< Snood Happy New Year >>