見る目

見る目、聞く耳、落ち着き、決断力。



この4つ、持っている人は全部持っていて
持っていない人は一つも持っていない気がする。
セット販売のみでバラ売りなし、なんですかね。

たとえば見る目を持っていたら
自分に必要な情報を与えてくれる人や場所を見つけられるから
そこへ行って話を聞くことができる。
聞いた情報を整理し、選別して、咀嚼する。
情報そのものや自分の興味の鮮度が落ちないうちに動く。
広く新しいものを見て聞いて、いろんな人と触れ合うから、
また見る目が養われる。

目利きと呼ばれるような人には落ち着きがある。
まず静かに観察し、多角的に検証し、冷静に判断する。
もちろん判断の過程では聞く耳も持つ。
しかし、いったん方針が決まったら
多少の波や風に当たっても揺らがない。
ここだ!今だ!というタイミングでギャンブルにも出る。

対照的に見る目のない人は早とちりして安物を掴んだり
逆に考えあぐねて混乱し、足がすくんでしまったりする。
自分の選択が失敗だったような気がして
また新しいものがほしくなる。
自分の判断が信用できないので、周りの評価に頼る。
量販されている人気商品にしておけば安心だし
なにも急いで遠くへ行く必要もない。
明日でも、来月でも、来年でも、ついでのときで大丈夫。
と思っていたら売り切れで、いきなり焦りだす。

良いとか悪いとかじゃなくてね。
そういう違いがありそうだなと思った、というだけの話。

おもしろいことに、見る目のない人というのは
普段は“みんな”の言うことに沿って行動しているのに
あるとき突然、独自の方法で飛び出すことがある。
誰に相談することもなく、一人で決めて急に大胆に動く。
周りが制止しても耳を貸さない。
日頃の“その他大勢体質”から脱却し
“みんな”をアッと言わせたいのかなと思うところもあるが
真意はわからない。

ま、それでまんまと成功すればいいのだが
不慣れで準備不足のうえ、感情的になっている場合が多く、
このギャンブルはリスクが高い。
しかも独断で、急に、大きく動かしちゃうもんだから
周りは助けようもなく、見守るなり、呆れるなりするより他にない。

『見る目を養う方法』的なハウツーは
どうせどっかの本屋で売っているのだろうが
私は見る目というのは、あれば放っておいても養えるけど
なければ養いようもないと思う。

人には向き不向きというものがある。
見る目なんて、みんなが持たなきゃならないもんじゃない。
なきゃないでいいじゃない。

見る目がない人は、早くそれを認めたほうがいい。
で、見る目のある人に拾ってもらうのだ。
先生でも上司でも恋人でも配偶者でも、
身近に見る目のある人を置いて、その人に導いてもらう。
見る目を養うのに使う予定だったエネルギーを使って
見る目のある人に選ばれ、見初められ、かわいがってもらえるように
がんばったらいい。

「選ぶより、選ばれる」とかいうコピーを付けたら
受け入れてもらえるかな。
イヤ、実際、素敵なことだよ。

私周辺の見る目がない人たちは概ねそうやって
見る目のある人に救われて、幸せになっている。
見る目のない人は、まぁ見る目がないわけなので
特に若い頃はどうしても間違えるし、繰り返すし、
紆余曲折も免れないのだけど
たいてい人柄がよく愛されるタイプなので
最終的には平和的解決につながることが多いのだろう。
カミサマは悪いようにはしないのだ。

見る目のない人ほど、出会いが大事。
じたばたしないで、素直に謙虚に毎日ちゃんとやっていれば
きっと見る目のある人が選んでくれるよ。
気長に待ちましょう。


【関連記事】
グラグラ(2010/5/19)
変わるということ(2012/9/27)
Literacy(2011/10/1)
[PR]

by emi_blog | 2013-02-04 10:37 | その他  

<< 複数 続・英語とビジネス >>