英語力

しばらくぶりに
自分の英語力について記録しておく。



こういうこと書くと、自分の首を絞めるんだよね。
でもしょうがない。
私のような雑草タイプは、リスクを取れなくなったらおしまい。
恥を忍んで、また今後のプレッシャーをじゅうぶん覚悟して
書きましょう。

教わる立場の人たちは、教える人に対して
幻想や誤解を抱いている。
「英語を教える人は英語がものすごくできる」
「ものすごくできるから教えているんだ」と思っている。
教える人はこれに乗っかって
「そうだよ、私たちはものすごく英語ができるんだよ」
と言ってみせたりもする。

しかし、これは必ずしも真実ではない。
教える立場の人から見ると
特に日本で英語を教えている人の中には
さほど英語のできない人が混じっている。
みんなオトナだから言わないけど
本当は知っていると思う。

たとえば私が英語を教える人になったばかりの頃。
私の英語は「ちょっとできるほう」程度だった。
普通の日本の大学生以下の怠け者だったから
まともに英語を勉強したことすらなかった。
英語講師の採用基準も笑っちゃうぐらい低かったし、
いま考えると採用側の英語も、それほどではなかった。
それでも、英語を専門に教える人になれた。
「なれてしまった」のである。

それから月日は流れ、私は
日本のいろんな場所で幅広い年齢層の学習者に英語を教え、
アメリカで日本語を教え、
アメリカの大学院に入って専門知識を学び、
アメリカの外国人に英語を教え、
アメリカの英語教員の卵たちに実習や理論を教え、
独自の教授法を開発してオンラインで提供するなど、
さまざまな機会に恵まれて、英語と関わり続けてきた。

しかし、私の英語はまだまだである。
しょっちゅう知らない語や表現に出くわすし、
発音は完璧じゃないし、読むのは遅いし、
「もうちょっとうまく言えたよなぁ」と反省することばかり。
私は英語に向いてないんだろうと思う。
「こんなにやってこの程度かよ」と思う。
他の学習者は私より効率よく上達しているような気がするので
ひょっとしたら私には英語に関する何か致命的な欠陥があって
どれだけやっても一生うまくならないのかもしれない。

私は自分の英語力に絶望していると言ってもいい。
もう完全にあきらめて、お手上げ状態なのである。
そんなヤツが英語教育に関わっちゃっていいのかしら、と思う。

でも、私は図々しくも英語教育をやっていく。
これはいわば人体実験。
英語を必要としない日本という国で生まれ育ち、
特に英語が好きでも得意でもなく、外国への憧れもなく、
英語が多少できるようになってもプライドは高まらず、
学習者として非常に伸びにくいタイプの私が
もがきながら、しぶしぶ英語学習を続けていることは
他の学習者にとって、何らかの参考になるかもしれないので、
これからも醜態をさらしていこうと思う。

私ができるようなことは、誰にでもできる。
やる気のある学習者なら、もっと早く簡単にできるようになる。
入門~初級者は私を見て
「あのくらいならできそう」と学習意欲を高めてくれればいい。
中級者は、その伸び悩みの長いトンネルの中で
それでも続ける私を見て、共感してくれればいい。
上級者は、私を軽々と越えて
私の出す注文や要求につきあってくれればいい。
私にはできなくても、他の学習者ならできることや
あらゆるレベルの学習者を伸ばす方法を
私はたくさん知っているから。

たぶんそれが私の仕事なのだろうと思う。


【関連記事】
英語力 (2006/1/31)
また英語力 (2006/3/8)
英語力 (2009/7/29)
[PR]

by emi_blog | 2013-03-25 18:33 | 仕事 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< うどん Review >>