Ice Cream

そういえば"Ice Cream"って
ヘンな名前じゃない?



「氷でできたクリーム」ならいいけど
そうじゃないでしょ?
"Iced Cream" ならまだわかるけど
それを言うなら"Frozen Cream"じゃないの?

という素朴な疑問がわいたので
ちょいとネットで調べてみた。

まずはWikipedia (参照)。
『歴史』の項目にある情報のうち、初期のものはすべて
「かき氷」にあたる食べ物の話。
10世紀のアラブ諸国で現れたというのも
「かき氷」に乳製品を混ぜたもの。
牛乳を入れた容器を、塩を混ぜて温度を下げた氷で覆って
中の牛乳を固めた「アイスクリーム」らしきものができたのは
10-12世紀ごろの中国と考えてよさそうだ。
それがイタリアに渡って、ヨーロッパへ広まっていく。

ここまでに登場した国や地域では英語が使われていない。
"Ice Cream"という言葉が生まれたのはもっと後。

1718年にロンドンで出版されたというレシピ本には
"To ice cream" というタイトルで
「クリームを氷で冷やして固める方法」が紹介されている。
言うまでもなく、この'ice' は「氷で冷やす」という意味の動詞で
"To ice | cream" の不定詞であって"To | ice cream"ではない。
つまりこの時点でもまだ"Ice Cream"という名前は
記録上存在していないのだ。

で、1744年のOxford English Dictionaryには
いよいよ"Ice Cream"という名称が登場する。
この辞書での見出し語は確認できないが、
その後1751年に出版されたレシピ本には"To make Ice Cream”
「アイスクリームの作り方」が載っているそうなので
「"Ice Cream"という名前は1720-50年頃に確立した」ということに
なるのかしら。

辞書に載る頃には一般では広く使われていた可能性が高いので
実際に"Ice Cream"という名前が生まれたのはもうちょっと前だろう。
1700年にはアメリカで
すでにおもてなしに使われていたという記録がある(参照)。
そのとき何て呼ばれていたかはわからないけど
なんとなく、もう"Ice Cream"だったような気がする。

でも、でも。
英語を使う人たちは、ひっかかりを覚える。
「本来は"Iced Cream"でしょ?」と思う(参照)。
「1680年代には"Iced Cream"だった」という情報もある(参照)。
で、料理名によくある"t/d-dropping"によって、
"Iced Cream"が"Ice Cream"になった、と(参照)。
そういう意味では日本語の
「アイスティー」「アイスコーヒー」なんて最先端だよね。

ざっくりまとめると
1680年代まで"Iced Cream"「氷で冷やし固めたクリーム」だったのが
"Ice Cream"「アイスクリーム」になって18世紀中頃以降、定着した。
英語としてはヘンだけど、ま、馴染んじゃったからしょうがない。
そんな感じかな。
[PR]

by emi_blog | 2013-04-05 01:10 | ことば  

<< Nice Country 腑抜け >>