過去の自分

一時帰国終了。
アメリカの自宅へ戻った。



ギリギリの綱渡りだった一時帰国を締めくくるにふさわしい
トラブル続きの帰り道だった。
ヘロヘロ状態で到着。
一夜明け、何事もなく日が昇るのを見て
帰国そのものが夢だったんじゃないかとさえ思う。

昨日はスーツケースを開ける気力もなかったが
ひと月半も空けていたので
とりあえず換気と、バスルームなどの掃除だけは
何を置いても真っ先にしなくてはならない。
留守宅は不思議なほどホコリが積もるし、
公園の中みたいなところに住んでいると
いない間に虫が侵入してるんだよね。

出発時もバタバタしていたし、時間も経っているし、
なにしろ私が忘れっぽいのですっかり忘れていたけど
出かける前にしておいたことに、我ながら感心した。

たとえばトイレを使った後、スリッパをこちら向きにしておく、
みたいなことでさ。
基本的には次に使う他人のためなんだけど
高校を卒業して初めて一人暮らしを始めたとき
次に使うのが自分であっても、アリなんだなということに気づいた。
未来の自分に対する思いやり。

6週間ぶりに戻った自宅には
疲れて帰った私がお茶を入れられるように
きれいに洗ったポットに布巾がかけてあった。
ホコリよけのシーツをめくればすぐに寝られるようになっていた。
タオルは洗ってあるし、冷凍食品や缶詰など
賞味期限の長い食べ物や飲み物が用意されていて
帰宅後、仮に数日動けなくても何とかなるようにしてあった。

あの時だって忙しかったのに。
エライなぁ。

過去の自分が現在の自分のために
やっておいてくれたことが、ありがたい。
未来の自分にもそう言ってもらえるように
現在をちゃんとやっておかなくちゃ。

今日もがんばります。
[PR]

by emi_blog | 2013-06-20 00:01 | その他  

<< 24/40 さくらんぼ >>