月明かり

日付が変わるまで話し込んだ夜の帰り道。
明るい月にしつこく付きまとわれた。



出発時は隠れていたのに
やがて雲の切れ間からやたら光を放ってくるようになり、
さらに大通りに出ると同時に全身を現した。

ピッカーン。

でっかい国のでっかい空、それも街灯の少ない田舎道。
やや黄味がかかった月は模様までくっきり見え、
周りにはがっつり月暈ができている。
それが運転中、視界の右上隅にずーっといる。

数日前からスーパームーンとして話題になっていたが
特別サイズが大きいようには見えない。
時間が遅すぎるのかな。

私は満月が苦手。
なんだか正論をふりかざして勝ち誇る優等生みたいで
見ていると疲れるのだ。
ちょっと丸いからってそんなにグイグイ来なくていいよ。

「いくら『実家だと思っていつでもどうぞ』と言われたからって
こんな夜中まで居座るなんて非常識でしょ!」と
叱られている気分になる。

あーい、反省しまぁーす(棒読み)。
[PR]

by emi_blog | 2013-06-24 14:35 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< The Wonder Years 同乗者 >>