Car Sun Shade

待ってました!
車用サンシェードが使えるようになった。



その昔、アメリカにはアイスコーヒーがなかった。
ウィキペディア(参照)には
何だかフワッとしたことしか書いてないが
2000年以前、日本在住で同僚だった北米、南米出身者には
アイスコーヒーは完全に「日本の飲み物」と認識されていた。
2001年に初めてアメリカに住み始めたとき
Iced teaは普通にあったが、コーヒーはホットしかなかった。
「お茶はいいけど、コーヒーは冷やすと
豆のあぶらが浮くからダメ」と言われていた。
こちらのQ&A(参照)は2005年のものだが
当時のナマの声として私の記憶と一致する。

ところがいつの間にか、アメリカでIced coffeeは普及し
いまやすっかり定番になった。
さらっと検索した結果、2009年頃のもので
「以前はなかったけど最近はある」という個人の証言が
いくつか見つかった(参照1参照2)。
どうやら「スターバックスがアイスコーヒーを広めた」というのが通説で
2008-2009年頃までには他のカフェでも売り出されていたようだ。
最近はMilkshake(ミルクセーキ、シェイク)にコーヒーを混ぜた
Coffee shakeというのもよく見かける。
アメリカへ来て5年未満の人に
「アメリカにアイスコーヒーはなかったんだよ」なんて言うと驚かれる。
そのくらい、今のアメリカでは普通になった。

…ということを思い出したのは
いよいよアメリカ人が車用シェードを使い始めたから。

Amazon(参照)では割と早くから売っていたので
アメリカでもすでに普及している地域はあったのかもしれないが
NY州には駐車中の車に日よけを装着するという文化がなかった。
シェードによって車内の様子が見えなくなり
犯罪が増える懸念があるとも聞いていた。
アメリカには屋根つき駐車場はおろか
駐車場がだだっ広くて木陰さえないことが多いので
車は日差しに晒されまくり、車内の温度は上がりまくりだが
どうしようもなかった。

それがここ最近、駐車場で
シェードをつけている車を時々見かけるようになった。
地元のカー用品店でも普通に売っている。
よし!
さっそく日本からアルミ製、吸盤付きのシェードを連れてきた。
まだシェードを使っている人は少ないけど
今週のように熱波が到来して
気温が100F/38Cにも達すると警報が出ている時は
本当に危ないんだから、みんな使ったほうがいいと思うよ。

日本では当たり前で、遅れてアメリカへ入ってくるもの。
次はなんだろう。
花粉症のマスクかな?
[PR]

by emi_blog | 2013-07-20 06:43 | 文化  

<< ABD 『言葉の海へ』 >>