続・Kanguro

母所望の洗濯カゴの件(参照)で、続き。



4月初め、母から珍しく「欲しいものがある」と言われ
ネット上を探し回って
スペインの製造元、Shopping Basket 社(参照)を突き止め
さっそく輸出担当のSに問い合わせて見積もりを出してもらった。
買えることは買えるけど、16個まとめての“箱買い”だし
送料がかなりかかってしまうことがわかった。

「まー、そんなに大変なことなら、もういいわよ」と言った母は
その後、何も言ってこなくなった。
5月、帰国した実家で、カゴがひと回り小さくなっているのを発見。
「えぇ、ひょっとして直した?」と聞くと
「うふふふー」とうれしそう。
彼女はお嬢育ちのくせに、日曜大工もやるし、
“王様のアイディア”的グッズを自作したりする人なので
こういう、不器用な私には信じられないことができちゃうのだ。
破れのひどい部分をざっくり輪切りにして取り去り、
まだ大丈夫なところを毛糸でつないで修理完了。
「いい出来でしょう。これでまだ当分使える」。
どんだけ物持ちがいいんだ。

16個のカゴを購入するのは大変だし
なにしろ本人が修理したカゴに満足しているので
Kanguro を求める旅はひとまず終了となった。
つい先日も、別のKanguro 愛用者から共同購入の可能性について
お問い合わせをいただいたが
事情を説明し、私の持っている情報をシェアしただけ。

ところが、昨夜、事態にちょっとした変化が。
Shopping Basket 社のSからメールが届いたのだ。
最初の問い合わせ、やりとりから約4ヶ月ぶり。

「Dear emi,
お元気ですか。
あなたがKanguro について書いたブログを見つけました。
箱で買えるよう仲間を募っているようですね。
こちらの社内で相談し、日本の小売店に
Kanguro を売り込んでみることになりました。
ついては、候補になりそうな小売店を教えていただきたいのですが
いかがでしょうか。」

おぉ?
マジすか。
さっそくお返事を書く。

前回のリサーチ中に見つけたブログ記事を書いた方、
うちの母、コメント欄に連絡をくださった方、皆さんがカゴを買ったのは
日本各地の東急ハンズらしいので
売り込み先の候補に推薦。
ついでに参考資料として、Kanguro 愛用者の
写真入りブログ記事を紹介しておいた。

Sからもすぐ返事が。
「さっそくコンタクトしてみる」
「『日本に愛用者がこんなにいる』と示すために
交渉の際に紹介してもらったリンクを見せる」と張り切っている。
おぅ、がんばっとくれ。
どのブログにも主婦の皆さんのKanguro への深い愛が綴られているから
効果あると思うよ。

ちなみに私のブログをどうやって見つけたの?と聞いてみると、
社内のマーケット担当者が持ってきたんだってさ。
ウェブサイトのアクセス解析をしていたところ、
やけに日本からのアクセスが増えていて、リンク元をたどったら
ぜんぶ私のブログ記事だった、と。
日本語の記事なので、機械翻訳をかけて“解読”してみたら
「輸出担当部門のS」と連絡をしていることがわかったため、
Sのところへ情報が回ってきた。
で、Sは「あぁ!emiだ!」となって、メールをくれた、というわけ。

いやはや。世間は狭い。
悪いことはできませんな。

日本の小売店との契約が成立したら
母を含め、Kanguro を愛し、買い替えを望んでいる人たちは
大喜びするだろう。
実現するといいなぁ。


後日追加の「つづき」↓
【関連記事】
続々・Kanguro(完)(2015/5/20)
[PR]

by emi_blog | 2013-07-27 05:20 | その他  

<< 寒い カレー >>