大学受験

「アメリカの大学に入るのは簡単」
という噂を聞いたことがある。



日本には受験というものがあって
それはそれは大変で
家族も総出で全面協力して
本人はとんでもないストレスにさらされる。
でもアメリカにはそんなのはなくて
入りたければ誰でも入れる。
授業はとても厳しいので卒業するのは難しいけど
入学するのは簡単。
入学が難しく、卒業が簡単な日本の大学とは対照的
…っていうやつ。

そういう時代もあったのかもしれないけど、
いまどきこんなこと言っている人がいたら
アメリカの大学受験について何も知らないと思われても
しょうがないよね。

確かに、入りたければ誰でも入れる大学はある。
最近は日本にも同じようなのがあるので
意外でもなんでもないだろう。
「えぇぇ?大学なのに?」と驚いてもよさそうなもんだけど。

しかし、トップ校ともなれば
「入りたい」だけで入れるはずがない。
SATやACT、GPAなど、高校での学業成績はもちろん大切。
1年生のうちから、いかに難度の高い授業を取り、
良い成績を修めたかが問われる。
しかし、トップ校の受験には広いアメリカ全土から
優秀なやつばかりがうじゃうじゃ集まってくるのだから
その中で競争に勝つためには勉強だけできてもダメ。

受験レースに名乗りを上げるとなれば、学業のほか、
スポーツや芸術での受賞記録、
ボランティア活動や部活の経験、
それらを通じて培ったリーダーシップなど
アピールできることを蓄積しておく。
エッセイのネタや語彙力、教養の強化のため、本をたくさん読む。
受験が近づけば、推薦状を含む願書全般を準備する。
あらゆる面でバランスよく好成績を修めるのが重要。

当然、家族の協力は不可欠。
健康面、精神面、金銭面、その他すべてにおいて受験生を支える。
習い事の送り迎えをしたり、試合などの遠征に付き添ったり。
発表会などの場ではその様子をビデオに撮るなどして
実績の証拠を積み上げる。
作文や受け答えの対策用に
専門の家庭教師やコーチを雇うこともある。
具体的に受験校を決める時期になれば
合格率や各校の特徴、校風が我が子に合っているかなど、
リサーチを行う。
親同士の情報交換も重要になってくる。
学費や生活費を負担できることを証明するため、
資産や家計に関する書類を用意する。
学校説明会が始まれば、親子ともども遠方まで出向き、
泊りがけになることも多いから、
家族のスケジュールは受験生を中心に組まれていく。
受験シーズンは、家じゅうがピリピリした緊張感に包まれる。
合否が届く頃になれば、受験生と一緒に一喜一憂。
厳しい現実に直面する受験生の心を支え、
本人が「受かりたい」という熱意を保てるように
環境を整えなければならない。

アメリカで一流大学に入るというのは、ものすごく大変。
ペーパー試験だけで決まる日本の比ではないと思う。
逆に言えば、一流大学の卒業生の多くがエリートとなり、
能力的にも人間的にも秀でた人になるのは当たり前。
頭脳明晰でバランスが良く、
意欲的でメンタルが強く、リーダーシップを発揮でき、
全面的にサポートしてくれる環境を持つ人材を
入口できっちり選んでおけば、
在学中も卒業後も、だいたい予想された範囲内の結果に収まる。
トップ校ってのは、本当に手堅い。

そしてそれだけの素質を持った若者を育て、
在学中にさらに大きく成長させる用意が
大学側にはある。
苦しい思いをしてやっと入学できた学生の期待を
ぬるま湯でふやかして裏切ったりしない。
画一的なルールで個性を殺すようなこともしない。

熾烈な競争を勝ち抜き、文武両道、人間的魅力を備え、
辛いことにも耐えられる人材だけが
選ばれて一流大学に入り、卒業する。
そうでなければ最高学府の威厳も、学歴社会も、
絶対的なヒエラルキーも保てない。
このあたり、アメリカでは議論の余地がないと思う。
一方、日本では若者にそうした競争をさせることや、
威厳やヒエラルキーを保つことが良いかどうか議論が分かれ、
だからこそ今日のような状態になっているのだろう。

どっちが良いとか悪いとかじゃないよ。
別の国で別のことをやっている、というだけのこと。
日本の受験をアメリカのようにする必要もないし、
アメリカの受験を日本のようにする必要もないし、
仮にやろうと思ったってできないだろう。
アメリカと日本は違う。

それよりも、もうちょっとどうにかならないのかなと思うのは
ネットや出版物を通して、情報がいくらでも手に入るのに
あいかわらず情報が正しく伝わることは少なく、
思い込みや誤解は根強い、ということ。
都合よく解釈して安心したがる人が多い、ということ。

手段がなくてできないのと
あるのにできないのとは
同じようで、やっぱり同じじゃないんだよねぇ。


【関連記事】
ぬるま湯の国 (2013/7/31)
[PR]

by emi_blog | 2013-10-22 06:19 | 文化 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 集合知 授業参観 >>