『吉野弘詩集』

『吉野弘詩集』を読んだ。



母からの小包に入っていた新聞の切り抜きで
吉野弘の詩をはじめて知った。

いい言葉をじっくり味わいたい気分だったので、
タイミングとしてちょうどよかった。
「いい言葉」というのは、
気立ての良さとか、ぬくもりを持った言葉のこと。
丁寧で、落ち着いた、深みのある言葉のこと。

スペースや句読点や余白まで
大事に読みたかったので
全編を声に出して、少しずつ、ゆっくり読んだ。
この本は、気をつけないとさっさと読めてしまうのだけど、
それではもったいない。

好きな詩をいくつか引用しておこう。
まずは「漢字遊び」から3つ。

「裏」の中に「表」があります
裏を見れば表もわかるのが世の常
「表」だけに目を凝らしても、その中に
「裏」を読み取ることはできません
(『表裏』 pp.178-9)

「正」は「一」と「止」から出来ています。
信念の独走を「一度、思い止まる」のが
「正」ということでしょうか。
正しさを振りかざす御仁ほど
自分を顧みようとする資質を欠いているようです。
正義漢がふえると、揉め事もふえるのは
そのためです。
(『「止」戯歌』 pp.181-2 より抜粋)

自我を折ることが出来て
初めて祈ることが出来る
(『折と祈』 p.191)

そして、やっぱりこれ。

やさしい心の持主は
いつでもどこでも
われにもあらず受難者となる。
何故って
やさしい心の持主は
他人のつらさを自分のつらさのように
感じるから。
やさしい心に責められながら
娘はどこまでゆけるだろう。
下唇を噛んで
つらい気持で
美しい夕焼けも見ないで。
(『夕焼け』 pp.75-7 より抜粋)


吉野弘. (1999). 吉野弘詩集. 角川春樹事務所.
[PR]

by emi_blog | 2014-03-02 10:53 | 読書感想文  

<< 『ビデオ』 工事中 >>