Upgrade

そういえば
部屋が改装されたのだった。



2/19の水道管の件(参照)を皮切りに工事が始まり、
いろんなところがちょっとずつ改善され、
3/9に完了した。

まずはもちろん水道管。
キッチンの壁をはがしての工事。
これのおかげでキッチンの水の出が良くなり、
熱いお湯がどーっと出るようになった。

そして壁。
はがしたところの修復はもちろんのこと、
キッチンの裏側にあたるバスルームの壁と天井も
塗りなおしてもらえることになった。
この壁の一部がめくれてきていたのも
中の水道管の影響だったのだ。

当初は新しく壁を埋めた部分だけ塗りなおす予定だったのだが、
バスルームを塗りに来たペンキ屋のおじさんが
「ついでだから、バスルーム全部、塗っとこうか?」と言ってくれた。
「ここだけ塗るのも、全部塗りなおすのも、そう変わらないから」。
で、お言葉に甘えて丸ごと塗ってもらい、
バスルーム全体がピカピカになった。

そしてキッチン。
壁を埋めに来たときに、メンテナンスのおじさんが
「このカウンターはないよ」と言い出した。
「俺が言ってやるから、取り替えよう」ということになった。

で、あれよあれよという間に
キッチンカウンター2面とシンクが新品になった。
シンクは前のよりやや浅くて内側が少しだけ広くなったので
洗い物がしやすくなった。
蛇口は握ってひねるタイプから指一本で動くタイプになったので
手が汚れているとき水を出したりするのに便利。
カウンターは、今までの白っぽいのから
大理石風の黒っぽいのに。

さらに細かいところも。
たとえばシンクは、今までほぼ水平で、蛇口部分と壁の間に
水がたまりがちだったのだが
蛇口と壁の間に“堤防”ができたので
水はたまらず、シンク側に落ちてくるようになった。
また、あらかじめキッチンのサイズを測ってから
カウンター台をカットしてくれたので、
コンロとカウンターの間の隙間がなくなった。
今までは2cmほどの隙間があって
カウンター(調理台)からフライパンに行く途中で
隙間に材料が落ちちゃったりすることがあったのよね。
当然、その分カウンターは広くなったので
電気ケトル周辺に少し余裕ができた。

すべての工事が終わり、チーフの点検が済んで、
「ではワタクシが最終点検を」と冗談を言いつつ、
最初にキッチンに入ったときは、見違えた。
おじさんたちも「だから言ったろ?」という感じで
満足げだった。

こうして私の部屋は、もともと快適だったのに
思いがけないアップグレードをしてもらって
さらに愛着が湧いてきた。
幸か不幸か、もうしばらくお世話になるんだしね。
よかったよかった。


【関連記事】
工事中 (2014/3/1)
[PR]

by emi_blog | 2014-04-02 06:28 | その他 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おかあさん 消費税 >>