Empathy

「Conscience(良心)」について学んだ上で
「Empathy(共感、感情移入、自己移入)」について考える。



『良心をもたない人たち』の感想に
takさんがコメントをつけてくださった(参照)。
なるほど、この流れはEmpathy について考え直すのに
良い機会かもしれない。

Empathy という語で、数年前に見たTED Talk を思い出した。
Sam Richards: A radical experiment in empathy (参照

このトークを聞いた当時の私の焦点はもっぱら「アメリカ」だった。
コミュニケーションというのは社会学の一派であるので
私は社会学の研究者に馴染みがある。
が、それにしても。
アメリカにはこんなことをやるアメリカ人がいるんだ、と思った。
これは日本流の自虐とは別のもの。
私は完全に講演者Sam Richards のShoes に入って
「ここまで言っちゃって大丈夫かな」とドキドキしていた。
さらにこのトークを聞く一般アメリカ人のShoes にも入り、
不快を覚えたりもしてみた。
仕掛けているのがアメリカ人だからいいようなものの、
外国人がこれをやったら大変なことになるだろう。
こういう場を作り、広く公開し、議論を許しているのもまた、
アメリカなのだ。
すごいとこへ来ちゃったなぁ、と思った。

そのときには気づかなかったが、今はわかる。
私はEmpathy を感じやすい。
どこかに平均があるなら、たぶん平均よりずっと早い段階で
Empathy を感じ始め、
平均よりずっと大きなEmpathy を、平均より長く保っているだろう。
“憑依”と表現することもできる(参照)。

「良心が欠けている人がいる」ということを知った今、
改めて"Empathy"のトークを見る。
ははぁ。
彼の知る限り、“普通”の人というものは
このくらいの実験を経てようやくEmpathy を体感するのだな。
これだけのことをしても、良心を持たない人には響かない。
“普通”の人はこれを見て、Empathy を覚える。
ただし、「なるほど、わかったぞ!」とその場では思っても、
しばらくすると忘れてしまう。
“平均”というのはそのあたりにあるのだろう。

私がEmpathy を感じやすいことは
私の強みであり、弱みでもある。
そして今回のことがあるまで、私は自分のEmpathy レベルが
平均的ではないことを知らなかった。
Empathy を感じにくい人や、Empathy を丸ごと理解できない人が
この世にいることを想像できていなかった。

Conscience の欠けている人には近づかないこと。
ではEmpathy が欠けている人にはどう対応すべきだろうか。
これも近づかないでおくのが良いだろうか。
それとも、Empathy を持たない人のShoes に入って
そのPerspective を理解したうえで
身の振り方を考えたほうが良いのだろうか。
Sam Richards のように、教育を試みるのが良いのだろうか。

暫定的な回答としては
「すべてはConscience があるかどうかによる」かな。

うん。
とても大事なことを学んだ気がする。


【関連記事】
『良心をもたない人たち』(2014/4/27)
憑依系 (2011/2/10)
[PR]

by emi_blog | 2014-04-30 01:32 | その他  

<< State Test 2014 職人 >>