世界

マレーシア航空MH17便に乗っていた
Fatima Dyczynski (参照)のTEDx トークのこと。



犠牲者の中にTEDxの登壇者がいたとわかり、
コミュニティ内から
「彼女のトークを翻訳して世界に広めよう」
という声が上がった。

昨日、さっそく英語の字幕作成が始まり
一両日中には公開になる見込み。
日本語チームもそれを待ち構えて
英語が公開になり次第、翻訳作業が始められるように
スタンバイしている。

この判断の速さ、対応の速さ。
やはり「いざ」というときの動きを決めるのは日常だなと思う。
日頃からコミュニケーションが取れていること、
構成員の意識と能力が高いこと、
組織全体のゴールが明確で、
構成員一人ひとりにしっかり浸透していることが
こういうときにモノを言う。

世界がつながり、世界が近くなり、
一人ひとりが世界と関わり、世界に貢献し、世界を変えていく。
その重要な担い手を、私たちは一瞬にして大勢失ってしまった。
なんという損失。
世界中が惜しみ、悲しみ、怒りを表明している。
自分たちにできることを考え、見つけ、すぐに実行しようとしている。

そういう時代に私たちは生きているのだなぁと
改めて思う。
[PR]

by emi_blog | 2014-07-22 18:42 | その他  

<< 子どもと英語 “文系”と英語教育 >>